いにしえから伝わる鹿角紫根染・茜染
section1-img

「朝(あした)は紫 夕べは茜」と言われ、
紫色は朝の光の中で一段と冴えわたり、茜色は夕方の光の中で燃えるようにその美しさを放つという優美な草木染めです。

紫根染と茜染とは、ムラサキとアカネという植物の根を使って染める草木染です。

鹿角紫根染・茜染の復活と伝承を目指して

section2-headding-sub1

わたしたちは、郷土の誇りである古代鹿角紫根染・茜染の優美な憧れの色を復活させるために、染色研究や技術交流をしています。
また、次世代を担う子どもたちや地域の方々、そして全国のたくさんの方々に、人間国宝を生んだ鹿角紫根染・茜染のことを知ってもらい、地域に笑顔と活気が広がる活動をしています。

section2-headding-sub2

研究会の会員は、年齢層も幅広く、55名(令和元年7月現在)で活動を行っています。
染色研究や技術交流を図りながら、地域に笑顔と活気が広がるように、伝統文化の輪を紡いでいきます。

研究会では、鹿角市内にて定期的に紫根染・茜染体験を開催しています。
初めての方でも楽しく学んでいただける草木染体験です。
ご家族でお楽しみいただける親子体験などもご用意しています。
鹿角市外の方でも、どなたでもお気軽にお申込みいただけます。

section3-headding

私たち鹿角紫根染・茜染研究会では自然素材にこだわった作品作りをしています。
サワフタギや椿などによる下染を繰り返し、1ヶ月以上寝かせ(枯らし)
その後、布に絞りを施し本染をします。
染め上がった布は発色が安定するようにタンスの中で寝かせます。

ひとつひとつ手作業のため時間も手間もかかりますが、楽しみながら作品作りをしています。

鹿角の伝統を詰め込んだガラスドーム【鹿角紫根染】ロングピアス
鹿角の伝統を詰め込んだガラスドーム【鹿角紫根染】シルバーネックレス
鹿角の伝統を詰め込んだガラスドーム【鹿角紫根染】本革ネックレス
鹿角の伝統を詰め込んだガラスドーム【鹿角茜染】フックピアス
鹿角の伝統を詰め込だガラスドーム【鹿角茜染】シルバーネックレス
鹿角の伝統を詰め込んだガラスドーム【鹿角茜染】本革ネックレス

120回の下染め

待ちに待っていた快晴。気温21℃、湿度37% 最高の下染め日和です。 鹿角に1300年前から伝わる古代紫根染・茜染技法の 120回の下染めに取りかかりました。 今年の下染めに選んだ一枚は壽光織の反物です。 レースの……続きを読む

椿の花「西王母」

椿の花「西王母」が一段と鮮やかに咲き誇り ピンクの藪椿も今が盛りです。 紫根染・茜染にはこの椿の枝葉やサワフタギなどの灰汁が下染めに使われます。 鹿角では古くから下染めにはサワフタギが使われていました。 サワフタギを使って下……続きを読む

垂れ梅のピンクの花

今年も、垂れ梅がピンクの花をいっぱいつけました。 静まりかえった工房あたりが、少しばかり華やいで見えます。 力強く伸びてきたムラサキも見上げているようです。 「初春の令月にして、気淑く風和ぐ」 昨年の今頃 梅花の宴に思……続きを読む